Articles Posted in the " 梶山葉月レシピ " Category

  • EPAとDHAがたっぷり摂れる!師走に食べる鰤しゃぶ

    寒くなると魚にも脂がのりとってもおいしくなります。鰤は「魚」に「師」と書き、「師走」に食べる魚だから「鰤」という漢字になったという説があります。鰤は良質なたんぱく質と脂肪の宝庫です。ビタミンDと鉄分も豊富で、鰤の脂質には不飽和脂肪酸のEPAとDHAを含み、コレステロールや認知症が気になる方にもおす ... 続きを読む

  • 旬なおいしさ! ピリ辛がお酒に合う!秋なすのピリ辛肉みそがけ

    秋といえば茄子が美味しい季節です。 今日は健康な暮らしスタッフよりおすすめの1皿をお届けします 今が旬の秋なすは、実がしまったプリッとした食感が特徴です。「秋なすのピリ辛肉みそがけ」は、秋なすの良さを最大限に味わえる料理です。肉みそのコクが、なすの食感や風味と合わさって、お酒にもピッタ ... 続きを読む

  • 季節の変わり目に!スパイシーかぼちゃコロッケ

    秋になると甘みがましてほくほくおいしくなってきます。 かぼちゃの黄色はBカロチンと言って髪、つめ、肌に効く美容効果のある栄養素がたっぷりと入っています。 免疫力を高める効果もあるので、風邪予防にも最適です。だから冬至にはかぼちゃをいただくのですね。 今回はカレーパウダーとマカを合 ... 続きを読む

  • 夏にはこれ!陶陶酒を使った夏野菜のスープカレー

      夏本番ですね!夏は高い気温に体力が奪われがちです。そのうえ、冷たい飲み物をたくさんとったり、室内ではクーラーが効いた場所にいることが多く、急激な温度変化で体調を崩す方も多いと思います。 今回はスパイスたっぷり夏野菜のスープカレー。カレーのスパイスは発汗作用があり、冷えた内 ... 続きを読む

  • 茄子とトマトと豚肉の甘辛味噌炒め

    茄子の紫色は「ナスニン」という色素でポリフェノールの一種、強い抗酸化作用があり、コレステロールを下げて動脈硬化に役立つ働きがあります。トマトの赤はリコピンという色素です。生活習慣病や老化防止に役立つといわれています。今回はそこに疲労回復に効果のある豚肉を加えました。 材料(2人分) ◎ ... 続きを読む

  • トマトと陶陶酒で元気抜群!【イワシのトマト煮】

    6月のイワシは「梅雨いわし」と言われて脂のノリがよくおいしいといわれています。 イワシには歯や骨を作り骨粗しょう症を防ぐカルシウムが含まれており、カルシウムの吸収を助けるビタミンDや皮膚や髪を作るために必要なビタミンB2も含まれています。 またイワシには青魚の中でもEPA、DHAが多く ... 続きを読む

  • ホタテの旨味がギュギュっと【ホタテのぬたあえ】

    春になり、貝やネギがおいしい季節になりましたね。ネギにはビタミンCや葉酸など栄養がたっぷりとあります。またホタテは、タウリン、亜鉛など疲れに効果的な栄養が含まれています。マカ陶陶酒をくみあわせて、毎日の食卓に取り入れていきましょう。 ★ほたてのぬたあえ 【材料】 材料(2〜3人分)◎刺身 ... 続きを読む

  • 新玉ねぎがおいしい栄養たっぷりのスープ!【トロトロオニオンスープ】

    春は冬にぐっと栄養を蓄えていた野菜たちが甘みをぐっと出す季節です。食感もやわらかく、種類も豊富。 春先の玉ねぎはサラダでもいただけるほど、辛みがすくなく甘みが増します。じっくりトロトロに炒めて、たくさんいただきましょう。 玉ねぎは高血圧や疲労回復に効果があるといわれています。 さらに、マカ・ ... 続きを読む

  • 縁起のよいハマグリと春野菜を使ったスパイシーな炒め物!【ハマグリとスナップえんどうの香味炒め】

    3月3日のひなまつりでは伝統的なお祝いの料理をいただきます。その一つがハマグリのお吸い物です。 ハマグリの貝殻は対になってぴったりと合うことから仲のよい夫婦を表します。そんな縁起のよい旬のハマグリを使って、スパイシーな炒めものにしました。 春野菜のスナップえんどうを入れて、春の訪れをいただきま ... 続きを読む

  • 節分の豆まきだけではもったいない~【大豆とチキンのトマト煮込み】

    2月3日は節分です。 「節分」は季節を分けると書くように季節の変わり目をさします。 昔は立春・立夏・立秋・立冬の4回それぞれ前日にあったものでした。 日本では一番立春が尊ばれたため、いつしか春の節分のみをさすようになりました。 豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。そこ ... 続きを読む